Publication
15790
page-template-default,page,page-id-15790,bridge-core-2.5.9,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-24.4,qode-theme-bridge,hide_inital_sticky,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,qode-wpml-enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.2,vc_responsive

受賞

  1. Daisuke Uriu, Kenta Toshima, Minori Manabe, Takeru Yazaki, Takeshi Funatsu, Atsushi Izumihara, Zendai Kashino, Atsushi Hiyama, and Masahiko Inami. 2021. Generating the Presence of Remote Mourners: a Case Study of Funeral Webcasting in Japan. In CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI ’21), May 8–13, 2021, Yokohama, Japan, 14 pages (2021) *received “Honorable Mention” (top 5% papers in the conference).
  2. 眞鍋美祈, 高嶺 航, Richard Sahala Hartanto, 瓜生 大輔, 檜山 敦, 稲見 昌彦, 「身体移動による選択をとりいれた押韻表現のためのインスタレーション「韻を踏む」のデザインプロセスと考察」, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2020論文集, 2020年8月22日, オンライン開催 (2020). https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_uri&item_id=206531[ベストビデオ賞受賞]
  3. Azumi Maekawa, Seito Matsubara, Sohei Wakisaka, Daisuke Uriu, Atsushi Hiyama, Masahiko Inami, “Dynamic Motor Skill Synthesis with Human-Machine Mutual Actuation,” CHI ’20: Proceedings of the 2020 ACM annual conference on Human Factors in Computing Systems (CHI2020 Papers), Hawaii, USA, April (2020). *received “Honorable Mention” (top 5% papers in the conference).
  4. Daisuke Uriu and William Odom, “Designing for Domestic Memorialization and Remembrance: A Field Study of Fenestra in Japan,” CHI ’16: Proceedings of the 2016 ACM annual conference on Human Factors in Computing Systems (CHI2016 Papers), pp. 5945–5957, San Jose, USA, May (2016). *received “Honorable Mention” (top 5% papers in the conference).
  5. Ryo Kashiwagi, Shigeru Kobayshi, Daisuke Uriu, Naohito Okude, “Media Furniture,” red dot design award: design concept, Singapore, November (2011).
  6. 石橋 秀一, 瓜生 大輔, 奥出 直人, 「サウンドキャンディ」, 第11回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門「審査委員会推薦作品」, 国立新美術館 (2008).
  7. 生井 みづき, 瓜生 大輔, 徳久 悟, 柏樹 良, 稲見 昌彦, 奥出 直人,「panavi ~センサ・アクチュエータ・無線通信機能を内蔵するフライパンを中心とした、料理スキルの習得を支援するシステム~」,『電子情報通信学会技術研究報告 MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 第109巻 281号』(料理メディア研究会セッション), pp. 41–46, 大阪, November (2009).[2009年度 第4回 MVE賞受賞]
  8. moo-pong, DAF東京PRIZE「インタラクティブ / インスタレーション部門」, デジタルアートフェスティバル東京2005, 2005年 12月9日(金)~12月13日(火), パナソニックセンター東京 (2005).

 

 

書籍(共著・寄稿)

 

  1. 稲見 昌彦, 北崎 充晃, 宮脇 陽一, ゴウリシャンカー・ガネッシュ, 岩田 浩康, 杉本 麻樹, 笠原 俊一, 瓜生 大輔. 『自在化身体論 ~超感覚・超身体・変身・分身・合体が織りなす人類の未来~』 , 2021年2月19日, エヌ・ティー・エス (2021).
  2. 瓜生 大輔, 「情報的身体変工としての自在化身体―美的価値と社会的倫理観の醸成に向けて」, 稲見 昌彦, 北崎 充晃, 宮脇 陽一, ゴウリシャンカー・ガネッシュ, 岩田 浩康, 杉本 麻樹, 笠原 俊一, 瓜生 大輔. 『自在化身体論 ~超感覚・超身体・変身・分身・合体が織りなす人類の未来~』 , エヌ・ティー・エス, pp211-235 (2021).
  3. 瓜生 大輔,「デジタル遺品をデジタル形見に―弔いに寄り添うデジタルメディア・テクノロジー」, 鈴木岩弓, 森謙二 編『現代日本の葬送と墓制: イエ亡き時代の死者のゆくえ』, 吉川弘文館, pp. 198-203 (2018).
  4. 瓜生 大輔,「葬送・供養の自由とは何か―弔いのデザインとテクノロジー」, 齊藤 恭平, 本名 靖, 島崎 博嗣, 神野 宏司, 櫻井 義夫 編『ライフデザイン学 [第2版]』, 誠信書房, pp. 263-264 (2017).

 

 

特集記事・編集

 

  1. 瓜生 大輔 編, 「弔いと技術革新」,『情報処理  (IPSJ Magazine)』, 59巻, 7号, pp. 600-624, 2018年06月15日, 情報処理学会 (2018).
  2. 瓜生 大輔,「編集にあたって」, 瓜生大輔 編「弔いと技術革新」, 『情報処理  (IPSJ Magazine)』, 59巻, 7号, pp. 600-601,  2018年06月15日(2018).
  3. 瓜生 大輔,「弔いと技術革新 1 弔いと技術革新にかかわる研究トピック」, 瓜生大輔 編「弔いと技術革新」, 『情報処理  (IPSJ Magazine)』, 59巻, 7号, pp. 602-605, 2018年06月15日(2018).

 

 

国際学会発表論文(査読有り)

 

  1. Daisuke Uriu, Kenta Toshima, Minori Manabe, Takeru Yazaki, Takeshi Funatsu, Atsushi Izumihara, Zendai Kashino, Atsushi Hiyama, and Masahiko Inami. 2021. Generating the Presence of Remote Mourners: a Case Study of Funeral Webcasting in Japan. In CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI ’21), May 8–13, 2021, Yokohama, Japan, 14 pages (2021) *received “Honorable Mention” (top 5% papers in the conference).
  2. Daisuke Uriu, Noriyasu Obushi, Zendai Kashino, Atsushi Hiyama, and Masahiko Inami. 2021. Floral Tribute Ritual in Virtual Reality: Design and Validation of SenseVase with Virtual Memorial. In CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI ’21), May 8–13, 2021, Yokohama, Japan, 15 pages (2021).
  3. Minori Manabe, Daisuke Uriu, Takeshi Funatsu, Atsushi Izumihara, Takeru Yazaki, I-Hsin Chen, Yi-Ya Liao, Kang-Yi Liu, Ju-Chun Ko, Zendai Kashino, Atsushi Hiyama, Masahiko Inami, “Exploring in the City with Your Personal Guide: Design and User Study of T-Leap, a Telepresence System,” 19th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM 2020), Essen, Germany (2020).
  4. Azumi Maekawa, Shunichi Kasahara, Hiroto Saito, Daisuke Uriu, Gowrishankar Ganesh, Masahiko Inami, “The Tight Game: Implicit Force Intervention in Inter-personal Physical Interactions on Playing Tug of War,” ACM SIGGRAPH 2020 Emerging Technologies, Virtual Event, USA, August (2020).
  5. Azumi Maekawa, Seito Matsubara, Sohei Wakisaka, Daisuke Uriu, Atsushi Hiyama, Masahiko Inami, “Dynamic Motor Skill Synthesis with Human-Machine Mutual Actuation,” CHI ’20: Proceedings of the 2020 ACM annual conference on Human Factors in Computing Systems (CHI2020 Papers), Hawaii, USA, April (2020). *received “Honorable Mention” (top 5% papers in the conference).
  6. Daisuke Uriu, Ju-Chun Ko, Bing-Yu Chen, Atsushi Hiyama, Masahiko Inami, “Digital Memorialization in Death-Ridden Societies: How HCI Could Contribute to Death Rituals in Taiwan and Japan,” Human Aspects of IT for the Aged Population. Design for the Elderly and Technology Acceptance. HCII 2019. Lecture Notes in Computer Science, vol 11592. Springer, pp. 532-550, August (2019).
  7. Daisuke Uriu, William Odom, and Hannah Gould, “Understanding Automatic Conveyor-belt Columbaria: Emerging Sites of Interactive Memorialization in Japan,” DIS’18: Proceedings of the 2018 Designing Interactive Systems Conference (DIS2018 Notes), pp. 747-752, Hong Kong, June (2018).
  8. Daisuke Uriu, William Odom, Mei-Kei Lai, Sai Taoka, and Masahiko Inami, “SenseCenser: an Interactive Device for Sensing Incense Smoke & Supporting Memorialization Rituals in Japan,” DIS’18: Proceedings of the 2018 ACM Conference Companion Publication on Designing Interactive Systems (DIS2018 Demos), pp.315-318, Hong Kong, June (2018).
  9. Daisuke Uriu and William Odom, “Designing for Domestic Memorialization and Remembrance: A Field Study of Fenestra in Japan,” CHI ’16: Proceedings of the 2016 ACM annual conference on Human Factors in Computing Systems (CHI2016 Papers), pp. 5945–5957, San Jose, USA, May (2016). *received “Honorable Mention” (top 5% papers in the conference).
  10. Daisuke Uriu, Mizuki Namai, Satoru Tokuhisa, Ryo Kashiwagi, Masahiko Inami, Naohito Okude, “Experience “panavi,”: Challenge to Master Professional Culinary Arts,” CHI ’12 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI2012 Videos), pp. 1445–1446, Austin, USA, May (2012).
  11. Daisuke Uriu, Mizuki Namai, Satoru Tokuhisa, Ryo Kashiwagi, Masahiko Inami, Naohito Okude, “panavi: Recipe Medium with a Sensors-Embedded Pan for Domestic Users to Master Professional Culinary Arts,” CHI ’12: Proceedings of the 2012 ACM annual conference on Human Factors in Computing Systems (CHI2012 Papers), pp. 129–138, Austin, USA, May (2012).
  12. Izumi Yagi, Shigeru Kobayashi, Ryo Kashiwagi, Daisuke Uriu, Naohito Okude, “Media Cushion: Soft Interface to Control Living Environment Using Human Natural Behavior,” ACM SIGGRAPH2011 Posters, Vancouver, Canada, August (2011).
  13. Daisuke Uriu, Naohito Okude, “ThanatoFenestra: Photographic Family Altar Supporting a Ritual to Pray for the Deceased,” DIS ’10: Proceedings of the 8th ACM Conference on Designing Interactive Systems (DIS2010 Demos), pp. 422–425, Aarhus, Denmark, August (2010).
  14. Daisuke Uriu, Naruhiko Shiratori, Izumi Yagi, Satoru Hashimoto, Masa Inakage, Naohito Okude, “PHOROL: Interactive Wall Clock Art of Online Shared Snapshots,” ACM SIGGRAPH ASIA 2009 Sketches, Yokohama, Japan, December (2009).
  15. Daisuke Uriu, Naruhiko Shiratori, Satoru Hashimoto, Shuichi Ishibashi, and Naohito Okude, “CaraClock: An Interactive Photo Viewer Designed for Family Memories,” CHI EA ’09: Proceedings of the 27th international conference extended abstracts on Human factors in computing systems (CHI2009 Interactivity), pp. 3205–3210, Boston, USA, April (2009).
  16. Shuichi Ishibashi, Daisuke Uriu, Naohito Okude, “Sound Candy: the equipment to expand the experience of play in a playground,” ACM SIGGRAPH2008 Posters, Los Angeles, USA, August (2008).
  17. Shuichi Ishibashi, Daisuke Uriu, Naohito Okude, “Sound Candy,” ACE ’07: Proceedings of the international conference on Advances in computer entertainment technology (ACE2007 Demos), pp. 298–99, Salzburg, Austria, June (2007)
  18. Daisuke Uriu, Takahiro Ogasawara, Naohito Shimizu, Naohito Okude, “MASTABA: A Digital Shrine for Family,” UbiComp2006 Demos, Orange County, USA, September (2006).
  19. Daisuke Uriu, Takahiro Ogasawara, Naohito Shimizu, Naohito Okude, “MASTABA: The Household Shrine in The Future Archived Digital Pictures,” ACM SIGGRAPH2006 Sketches, Boston, USA, August (2006).
  20. DaisukeUriu, Naohito Okude. “KAYAGOMORI: Private Space for Withdrawing into One’s Shell and Landscape Diary to Refresh Oneself in Mind,” ACM SIGGRAPH2005 Posters, Los Angeles, USA, August (2005).
  21. Yusuke Wada, Jun Usui, Daisuke Uriu, and Naohito Okude, “moo-pong,” ACM SIGGRAPH 2005 Emerging Technologies, Los Angeles, USA, August (2005).

 

 

国際学会発表(招待)

 

  1. Atsushi Izumihara, Daisuke Uriu, Atsushi Hiyama, Masahiko Inami, “ExLeap: Minimal and highly available telepresence system creating leaping experience,” IEEE VR 2019 Research Demos, Invited from Virtual Reality Society Japan Annual Conference (VRSJAC), Osaka, Japan (2019).
  2. Daisuke Uriu, Naohito Okude, Masahiko Inami, Takafumi Taketomi, and Chihiro Sato, “Where Buddhism Encounters Entertainment Computing,” ACE ’12: Advances in Computer Entertainment Lecture Notes in Computer Science (ACE ’12 Panels), pp. 589–592, November (2012).

 

 

国際ジャーナル論文(査読有)

 

  1. William Odom, Daisuke Uriu, David Kirk, Richard Banks, Ron Wakkary, “ Experiences in Designing Technologies for Honoring Deceased Loved Ones,” Design Issues. Volume 34, Issue 1, Winter 2018,
    p.54-66, MIT Press (2018).

 

 

国内ジャーナル論文(査読有)

 

  1. 勝本 雄一朗, 瓜生 大輔, 徳久 悟, 奥出 直人, 稲蔭 正彦. 「ユビキタスコンテンツ設計手法:ケーススタディとしての雨刀」 ,『芸術科学会論文誌 9.3』, pp. 111–118 (2010).

 

 

国内学会・研究会発表(査読有)

 

  1. 和田 裕介, 臼井 旬, 瓜生 大輔, 奥出 直人,「moo-pong: 映像の万華鏡」,情報処理学会 インタラクション2006 インタラクティブ発表, March (2006).
  2.  瓜生 大輔, 奥出 直人,「景色を用いた自分自身とのインタラクション 引きこもり型景色日記デバイス「カヤゴモリ」」, 情報処理学会 インタラクション2005 ポスター発表, March (2005).

 

国内学会・研究会発表(査読なし)

 

  1. 佐々木智也, 瓜生大輔, 船津武志, 登嶋健太, 泉原厚史, 柏野善大, 檜山敦, 稲見昌彦,「展示空間を追体験するバーチャルミュージアム:日本科学未来館における協同デザインプロセス」, 第 25 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(2020 年 9 月), 2019年9月16日, オンライン開催 (2020). http://conference.vrsj.org/ac2020/program/doc/1A1-2_PR0166.pdf
  2. 矢崎 武瑠, 眞鍋 美祈, 瓜生 大輔, 船津 武志, 泉原 厚史, 陳 意昕, 廖 奕雅, 劉 康宜, 葛 如鈞, 檜山 敦, 稲見 昌彦, 「ウェアラブル・テレプレゼンスシステム”T-Leap”を用いた市街地でのナビゲーション検証結果と応用可能性の検討」, 第 25 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(2020 年 9 月), 2019年9月16日, オンライン開催 (2020). http://conference.vrsj.org/ac2020/program/doc/1A1-4_PR0158.pdf
  3. 瓜生 大輔, 登嶋 健太, 眞鍋 美祈, 矢崎 武瑠, 船津 武志, 泉原 厚史, 檜山 敦, 稲見 昌彦, 「遠隔葬儀参列支援実践:遺族が「VR葬儀」に期待すること」, 第 25 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(2020 年 9 月), 2019年9月16日, オンライン開催  (2020). http://conference.vrsj.org/ac2020/program/doc/1A1-7_PR0081.pdf
  4. 眞鍋美祈, 高嶺 航, Richard Sahala Hartanto, 瓜生 大輔, 檜山 敦, 稲見 昌彦, 「身体移動による選択をとりいれた押韻表現のためのインスタレーション「韻を踏む」のデザインプロセスと考察」, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2020論文集, 2020年8月22日, オンライン開催 (2020). https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_uri&item_id=206531[ベストビデオ賞受賞]
  5. 香取 真知子, 瓜生 大輔, 稲見 昌彦, 檜山 敦, 「類似写真の閲覧がもたらす話題生成と対面コミュニケーション」,  2019年度人工知能学会全国大会(第33回), 2019年6月5日, 朱鷺メッセ(新潟県新潟市) (2019). https://doi.org/10.11517/pjsai.JSAI2019.0_2E3J1203
  6. 瓜生 大輔,「技術がもたらす供養のデザイン―自動搬送式納骨堂の住職に訊く―」<日本宗教学会 第76回学術大会 第14部会, 東京, 2017年9月16日(土) 東京大学(東京都)>,『宗教研究 第91巻 別冊 第76回学術大会紀要特集』, pp. 471–472, March (2018).
  7. 瓜生 大輔,「自動搬送式納骨堂に宿る最先端メディアテクノロジー」<日本宗教学会 第75回学術大会 第11部会, 東京, 2016年9月11日(日) 早稲田大学(東京都)>,『宗教研究 第90巻 別冊 第75回学術大会紀要特集』, pp. 386–387, March (2017).
  8. 有馬 俊,瓜生 大輔,佐藤 千尋,陳 坤浩,奥出 直人,稲蔭 正彦,籠谷 修, 「プロジェクションドア:自動ドアを用いてクリエイターと通行者が建築物の印象をインタラクティブに変化させるシステム」, 情報処理学会 インタラクション2016 インタラクティブ発表, March (2016).
  9. 瓜生 大輔,「変わりゆく遺影の意義とデザイン―絵画、写真、デジタル―」<日本宗教学会 第74回学術大会 第9部会, 東京, 2015年9月6日(日) 創価大学(東京都)>,『宗教研究 第89巻 別冊 第74回学術大会紀要特集』, pp. 339–340, March (2016).
  10. 瓜生 大輔,「「デジタルの形見」と供養儀礼のデザイン」<日本宗教学会 第73回学術大会 第14部会, 京都, 2014年9月14日(日) 同志社大学(京都市)>,『宗教研究 第88巻 別冊 第73回学術大会紀要特集』, pp. 466–467, March (2015).
  11. 瓜生 大輔, 生井 みづき,「温度変化グラフを見ながらの加熱調理 ―センサー内蔵フライパン panavi を用いた新システム開発過程―」,『電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE Technical Report : 信学技報 第113巻 468号』(マルチメディア・仮想環境基礎 MVE研究会), 大分, March (2014).
  12. 神山 友輔, 石澤 太祥, 石橋 秀一, 植木 淳朗, 瓜生 大輔, 勝本 雄一朗, 白鳥 成彦, 徳久 悟, 橋本 翔, 奥出 直人, 稲蔭 正彦,「経験蓄積システムの展示会における活用事例の報告」, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 東京 December (2009).
  13. 白鳥 成彦, 石澤 太祥, 石橋 秀一, 植木 淳朗, 瓜生 大輔, 勝本 雄一朗, 神山 友輔, 徳久 悟, 橋本 翔, 奥出 直人, 稲蔭 正彦,「xtelを用いた経験蓄積システム:Lifeシステムの構築」, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 東京, December (2009).
  14. 橋本 翔, 石澤 太祥, 石橋 秀一, 植木 淳朗, 瓜生 大輔, 勝本 雄一朗, 神山 友輔, 白鳥 成彦, 徳久 悟, 奥出 直人, 稲蔭 正彦,「中継システムを通した小型ノードへの仮想IPの付与およびウェブアクセス」, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 東京, December (2009).
  15. 石澤 太祥, 植木 淳朗, 石橋 秀一, 瓜生 大輔, 勝本 雄一朗, 神山 友輔, 白鳥 成彦, 徳久 悟, 橋本 翔, 奥出 直人, 稲蔭 正彦,「MOXA: 実世界とWebをつなぐ組み込みプロトタイピング環境」, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 東京, December (2009).
  16. 植木 淳朗, 石橋 秀一, 石澤 太祥, 瓜生 大輔, 勝本 雄一朗, 神山 友輔, 白鳥 成彦, 徳久 悟, 橋本 翔, 奥出 直人, 稲蔭 正彦,「ユビキタスコンテンツ・プラットフォーム: xtel生活に溶け込むコンテンツのための開発システム」, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 東京, December (2009).
  17. 瓜生 大輔, 生井 みづき, 徳久 悟, 柏樹 良, 稲見 昌彦, 稲蔭 正彦, 奥出 直人,「デザイン思考とxtelプラットフォームを統合的に活用する「Smart Kitchen Utensil」の開発 ~panaviシステムの着想から製作・展示までの開発過程~」, 『電子情報通信学会技術研究報告 MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 第109巻 281号』(料理メディア研究会セッション), pp. 47–52, 大阪, November (2009).
  18. 生井 みづき, 瓜生 大輔, 徳久 悟, 柏樹 良, 稲見 昌彦, 奥出 直人,「panavi ~センサ・アクチュエータ・無線通信機能を内蔵するフライパンを中心とした、料理スキルの習得を支援するシステム~」,『電子情報通信学会技術研究報告 MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 第109巻 281号』(料理メディア研究会セッション), pp. 41–46, 大阪, November (2009).[2009年度 第4回 MVE賞受賞]
  19. 石橋 秀一, 石澤 太祥, 植木 淳朗, 瓜生 大輔, 勝本 雄一朗, 神山 友輔, 白鳥 成彦, 徳久 悟, 橋本 翔, 奥出 直人, 稲蔭 正彦,「Sound Candy: ユビキタスコンテンツ設計手法を用いたケーススタディ」, エンタテイメントコンピューティング2009, 東京, September (2009).
  20. 勝本 雄一朗, 石澤 太祥, 石橋 秀一, 植木 淳朗, 瓜生 大輔, 神山 友輔, 白鳥 成彦, 徳久 悟, 橋本 翔, 奥出 直人, 稲蔭 正彦,「雨刀: ユビキタスコンテンツ設計手法によるケーススタディ」, エンタテイメントコンピューティング2009, 東京, September (2009).
  21. 瓜生 大輔, 石橋 秀一, 石澤 太祥, 植木 淳朗, 勝本 雄一朗, 神山 友輔, 白鳥 成彦, 徳久 悟, 橋本 翔, 奥出 直人, 稲蔭 正彦,「ユビキタスコンテンツ設計手法:デザイン思考とxtelプラットフォームを統合的に活用するシームレスな開発プロセス」, エンタテイメントコンピューティング2009, 東京, September (2009).
  22. 徳久 悟, 石橋 秀一, 石澤 太祥, 瓜生 大輔, 植木 淳朗, 勝本 雄一朗, 神山 友輔, 白鳥 成彦, 橋本 翔, 稲蔭 正彦,「xtel: ユビキタスコンテンツのための開発支援環境」, エンタテイメントコンピューティング2009, 東京, September (2009).
  23. 白鳥 成彦, 石橋 秀一, 石澤 太祥, 瓜生 大輔, 植木 淳朗, 勝本 雄一朗, 神山 友輔, 徳久 悟, 橋本 翔, 奥出 直人, 稲蔭 正彦, 「確率論的エンターテイメントコンピューティング」, エンタテイメントコンピューティング2009, 東京, September (2009).