対面 – 遠隔ハイブリッド型会議においてCOVID-19感染対策と円滑な音声対話を両立させる試行実験
16908
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-16908,bridge-core-2.5.9,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-24.4,qode-theme-bridge,hide_inital_sticky,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,qode-wpml-enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.2,vc_responsive

対面 – 遠隔ハイブリッド型会議においてCOVID-19感染対策と円滑な音声対話を両立させる試行実験

year

2021

Abstract

同室内に複数人が集う場とその他の遠隔参加者を交えたいわゆる「対面 - 遠隔ハイブリッド型会議」では、物理的距離の確保や飛沫拡散防止対策を行いながら全参加者の発話を鮮明に集音・配信するための工夫が求められる。本研究では、このような環境下における円滑な音声対話を実現するための音響システムを東京大学内の研究室に設置し、連続的な試用と改善を行ったプロセスを報告する。

Citation Format

瓜生 大輔, 澤田 怜旺, 柏野 善大, 稲見 昌彦, 「対面 - 遠隔ハイブリッド型会議においてCOVID-19感染対策と円滑な音声対話を両立させる試行実験」, 第 26 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(2021 年 9 月), 2021年9月12日, オンライン開催 (2021).

Download

Category
Article
Tags
Inami ERATO, U-Tokyo Inamilab