遠隔葬儀参列支援実践:遺族が「VR 葬儀」に期待すること
16668
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-16668,bridge-core-2.5.9,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-24.4,qode-theme-bridge,hide_inital_sticky,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,qode-wpml-enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.2,vc_responsive

遠隔葬儀参列支援実践:遺族が「VR 葬儀」に期待すること

Year

2020

Abstract

「会場には行けないが、弟の葬儀に参列したい。」本稿では、ある葬儀において筆者らが全方位映像や音声情報を記録・中継した際に、実際に葬家・遺族から寄せられた要望を報告する。葬儀中継そのものに真新しさはなく、すでに商用サービスも存在する。COVID-19 パンデミックを契機にその需要が高まった。今後は単なる中継の枠を超え、バーチャルリアリティ関連技術が求められる可能性もある。「VR 葬儀」には何が期待されるのかを展望する。

Citation Format

瓜生 大輔, 登嶋 健太, 眞鍋 美祈, 矢崎 武瑠, 船津 武志, 泉原 厚史, 檜山 敦, 稲見 昌彦, 「遠隔葬儀参列支援実践:遺族が「VR葬儀」に期待すること」, 第 25 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(2020 年 9 月), 2019年9月16日, オンライン開催 (2020).

Download

Category
Article
Tags
Funeral, Inami ERATO, U-Tokyo Inamilab