自在肢
17026
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-17026,bridge-core-2.5.9,qodef-back-to-top--enabled,,qode-essential-addons-1.6,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,qode-theme-ver-24.4,qode-theme-bridge,hide_inital_sticky,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,qode-wpml-enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.2,vc_responsive

自在肢

Creators

山村 菜穂子 + 瓜生 大輔 + 村松 充 + 神山 友輔 + 阪本 真 + 山中 俊治 + 稲見 昌彦

Year

2022

Category
Work
Tags
Inami ERATO, JIZAI ARMS, U-Tokyo Inamilab

装着脱・交換可能な装着型ロボットアーム・システム。複数の自在化身体間のコミュニケーション、インタラクションを可能とする。

 

サイボーグの概念が提唱されてから半世紀、今日、ウェアラブル技術やロボット工学・制御技術を駆使したデジタルサイボーグ「自在化身体」の研究・開発が着目されている。自在化技術の特徴として非侵襲的(外科手術などを必要としない)身体変工・編集、自在・可変性がある。複数の自在化身体間のインタラクションを探るためにデザインされた「自在肢」は、6つのターミナルを持つベースユニットと、装着者が制御可能な着脱式ロボットアームからなるウェアラブルシステムである。自由自在に身体をデザインできる自在化身体の実現例であるのみならず、複数の装着者間での腕の「贈与」「交換」などの社会的インタラクションを可能とする実験的作品である。

This work is granted by JST ERATO Inami JIZAI BODY Project.