「デジタル時代の弔い方」
17001
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-17001,bridge-core-2.5.9,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-24.4,qode-theme-bridge,hide_inital_sticky,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,qode-wpml-enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.2,vc_responsive

「デジタル時代の弔い方」

  • 無縁社会の葬儀と墓
Year

2022

Book Abstract

死者儀礼が大きく変化している、と言われて久しい。ニュースでは、直葬・墓じまい・孤立死・無縁社会といった用語が流れ、伝統的な死者儀礼の衰退・崩壊が喧伝される。今現在われわれの眼前で勃興し、一方で消滅しつつある、これら死者儀礼の実態・制度・観念を取り上げ、このような現状を招来した経緯について、歴史的把握を試みた注目の書。

Citation Format: Book

山田 慎也, 土居 浩 編.『無縁社会の葬儀と墓―死者との過去・現在・未来』, 2022年7月23日, 吉川弘文館.

Citation Format: Chapter

瓜生 大輔, 「デジタル時代の弔い方」, 山田 慎也, 土居 浩 編.『無縁社会の葬儀と墓―死者との過去・現在・未来』, 吉川弘文館, pp. 17-36 (2022).

Category
Book
Tags
ACC, Digital Humanities