亡き人と暮らす-位牌・仏壇・手元供養の歴史と民俗-
16952
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-16952,bridge-core-2.5.9,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-24.4,qode-theme-bridge,hide_inital_sticky,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,qode-wpml-enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.2,vc_responsive

亡き人と暮らす-位牌・仏壇・手元供養の歴史と民俗-

Venue

国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市) 第4展示室

Exhibition Representative

山田 慎也(国立歴史民俗博物館 民俗研究系 教授)

My Role

出品、展示品選定、解説作文

Period

3月15日(火)- 9月25日(日)

Category
Exhibition
Tags
Fenestra, Tomoetogyo

位牌、仏壇の歴史的展開をたどりながら、現代的な手元供養にいたるまでに、「家内祭祀の民俗<亡き人との暮らし方>」を俯瞰する展示会。モダンな位牌、死者を象る人形、手元供養品などの出展品の選定や解説文執筆を担当した他、本展示会用に制作したFenestraをデジタル時代の弔い方の一例として出展した。なお、瓜生が開発に携わった繭環almaも展示された。

 

Instagram