Portfolio Tags Inami ERATO
-1
archive,tax-portfolio_tag,term-inami-erato,term-182,bridge-core-2.5.9,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-24.4,qode-theme-bridge,hide_inital_sticky,disabled_footer_top,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,qode-wpml-enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.2,vc_responsive

全方位映像を介して人・空間・場所をシンクロさせ、新たな遠隔コミュニケーションを模索する。 インターネットに接続された全方位カメラ+マイク+スピーカーが一体となったモジュールを起点とするテレプレゼンス(存在感を伝送する遠隔コミュニケーション)システムExLeapを起点とするプロジェクト。遠隔地の同一空間に設置された複数のモジュールにアクセスできるExLeap(IEEE VR 2019で発表)を起点として、ウェアラブルタイプのT-Leapを用いて遠隔街歩き・観光・ショッピングする経験を描いた論文を国際学会MUM2020で発表した。2020年6月には「遠隔葬儀参加」を支援する試みを行い、その様子をバーチャルリアリティ学会2020にて発表した。...

超スマート社会に適応可能な「自在化身体」と「自在化技術」の開発と「自在化状態」の解明に取り組む。   自在化技術は、人間がロボットやAIと「人機一体」となり、自己主体感を保持したまま行動することを支援し、人間の行動の可能性を大幅に広げる。自在化身体を実現するために、身体・行動のシステム的な理解に基づき、VR・ヒューマンアシスティブロボット・ウェアラブルコンピューティング・脳情報デコーディング・機械学習などを用いて、人間と情報環境との関係性を柔軟に設計する「身体性編集」に関する基礎的知見の解明と設計指針を確立する。さらに、設計した自在化身体およびそれがもたらす心と社会の変容を、実社会とバーチャル社会において検証する。   https://www.jst.go.jp/erato/inami/...